<< リュック中身は乳児遺体=東大寮侵入容疑の男−警視庁(時事通信) | main | <雑記帳>海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


運輸助役「うっかりした」 大阪市営地下鉄鶴見緑地線トラブル(産経新聞)

 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線のポイント損傷による運行トラブルで、運転指令所にいた運転指令員3人のうち最も経験豊富な運輸助役(49)が「すべての指示を自分が出していた。電車の自動列車制御装置(ATC)解除時に何をすべきかは知っていたが、うっかりしていた」と市交通局の調査で話していることが17日、分かった。

 運転指令所は15日午前5時半ごろ、京橋駅出発後に原因不明の急ブレーキがかかった大正発門真南行き始発電車のATC解除を指示。最高速度を制限し運転再開させたが、運転規定で定められたポイント手前での停止指示やポイントの正確な切り替え、手動信号の発車合図などを行わず、鶴見緑地駅手前のポイント損傷と門真南駅での電車同士の“ニアミス”を引き起こした。

 当時、運転指令所にいたのは責任者の運輸助役と助役2人の計3人。運輸助役は、助役時代も含めると長堀鶴見緑地線の運転指令所では6年以上の勤務歴があり、運転士としての勤務経験もあった。交通局の調査に対し、助役2人は「経験豊富な運輸助役の指示に従っていた」と説明しているという。

【関連記事】
【古往今来】車内の親子にハラハラ
国の指導、翌朝まで大阪市長に伝わらず 長堀鶴見緑地線事故
サリン散布を想定 大手町駅、消防や東京メトロが訓練
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
モスクワ、テロ悲劇の現場
20年後、日本はありますか?

不況後押し…法テラスの認知度急上昇(産経新聞)
大阪市職員の車検代、受注業者が肩代わり 市処分へ(産経新聞)
<特定看護師>広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言(毎日新聞)
参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)
<訃報>ウォルフガング・ワーグナーさん90歳=演出家(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 08:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
情報商材レビュー
カードでお金
債務整理無料相談
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    ふにゃバット (06/06)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    とろろいも (01/17)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    道隆 (01/05)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    こういち (12/26)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    晶太郎 (12/22)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    パイン (12/15)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    さもはん (11/27)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    XXまるおXX (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM