<< NEC元部長の過労自殺を認定…東京地裁(読売新聞) | main | <国分寺死体遺棄>4〜5人の男が車で連れ去る 数人を聴取(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「10年遅い」と仙谷氏が酷評=鳩山氏離党で閣僚発言(時事通信)

 鳩山邦夫元総務相が新党を目指して自民党に離党届を出したことについて、16日午前の閣議後の記者会見で、閣僚から冷ややかな発言が相次いだ。
 仙谷由人国家戦略担当相は、「10年遅かったのではないか。ぼくらが第三極を掲げたときに比べれば、第三極も色あせている。基本政策や理念の上で何をしようとしているのか見えない」と酷評した。
 前原誠司国土交通相は「自民党の古い方々を薩長同盟になぞらえて一緒にするんだと言われても、『は? 』という感じだ」と突き放し、中井洽国家公安委員長も「どういう発想で(自民党を)出たのかよく分からない。興味もない」と切り捨てた。
 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は、「関係ない。鳩山氏が連携を呼び掛けてきているわけでもないし、わたしから呼び掛けているわけでもない」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
小林議員、13日にも参考人聴取=違法献金の認識問う−札幌地検(時事通信)
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
皇太子さま、野口英世研究室を視察(時事通信)
青魚でPTSD緩和 DHA摂取 予防効果?(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 22:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
情報商材レビュー
カードでお金
債務整理無料相談
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    ふにゃバット (06/06)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    とろろいも (01/17)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    道隆 (01/05)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    こういち (12/26)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    晶太郎 (12/22)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    パイン (12/15)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    さもはん (11/27)
  • 運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
    XXまるおXX (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM